【町田市】お米って、こんなに味が変わるの!? 大正15年創業のお米屋さん「佐藤商店」では、好みに合ったお米を教えてくれます!

毎日の食卓に欠かせないお米。みなさんは、お気に入りのお米はありますか?

今回は、好みに合ったお米を選んでくれるお米屋さんがあると聞き、町田市小山町の「佐藤商店」を訪問しました。

佐藤商店は、町田街道の「町田西郵便局」近くの交差点を1本曲がったところにあります。こちらの「のぼり」が目印です。お店のすぐ脇に駐車場がありました。

佐藤商店

お米を買うなら車がおすすめですが、少量(3Kg)からでも購入ができるので、多摩境駅から電車の利用や、町田街道を通るバスの利用も可能です。

佐藤商店

佐藤商店は、創業はなんと大正15年! 100年近くこの地で営んでいる、昔ながらのお米屋さんです。佐藤商店

店内には、16種類のお米が並んでいました。その時期に1番おいしいお米を全国各地から仕入れているそうで、時期によって置いてある銘柄と数が異なります。(※表示されている価格は、2024年3月取材時のものです。最新の情報はお店でご確認ください。)

お米を選んで注文してから、目の前で精米をしてくれます。

佐藤商店店内

代表の佐藤さんは、お米に関する幅広い知識を持った「お米マイスター」。好みの食感や甘さ、粘りなどを伝えると、おすすめのお米を選んでくれます。さらに、お米に合わせた炊飯方法も教えてくださいました。

佐藤商店

お米の精米は3Kg~。「お米屋さんでは、量をまとめて購入される方が多いのかな?」と思ったのですが、複数のお米を少量ずつ購入して、食べ比べをされる方が多いそうです。お気に入りのお米を見つけたら、次から多めに購入するという方が多いとのことでした。1種類だけでなく、ブレンド米もおすすめだそうです。

筆者もさっそく好みを伝えて、お米を選んでいただきました。

佐藤商店

精米方法も、「玄米」「分づき米」「白米」と、こちらも好みに合わせて調整してくださいました。

精米機

今回選んでいただいたおすすめのお米をご紹介します。一部、試食用としてご提供いただきました。ありがとうございました。

まずは、ふくしまの「福、笑い」

福笑い

甘味が強く、もっちりした大粒のお米です。

福、笑い

お米のおいしい炊き方も教わったので、さっそく試してみました。
1時間以上水につけてから炊飯器で炊き、炊き上がる3~5分前に蓋を開けてかき混ぜるのがポイントだそうです。お米から旨味成分が出て、「甘味」が下に落ちるので、混ぜるといいそうです。

福笑い

炊き上がりに食べてみると、普段食べているお米との違いにびっくり! 粒がしっかりしていて、甘味があります。お米の種類と炊き方で、「こんなに違うの?」と思わず声が出ました。

続いて、宮城の「だて正夢」。こちらは玄米にしました。

だて正夢

玄米は、水を計量した後、冷蔵庫で寝かせてから炊くのが、おいしい食べ方だそうです。「だて正夢」は、水加減を少なめにするのがポイント。

玄米

玄米100%ですが、粘りがあり、もっちりしておいしい! こちらも普段食べている玄米と全然違いました。

最後は、とちぎの「夢ごこち」。冷めてもおいしい限定米だそうです。

お米

こちらもしっかりとした粒感。炊き立てはピカピカしています。

夢ごこち

「冷めてからも美味しいのが、いいお米」と佐藤さんに伺ったのですが、冷めてから食べてみて、2度目のびっくり! 甘味が増していて、本当においしかったです。

お米の専門店「佐藤商店」では、好みに合わせたお米を少量から購入することができます。初めての訪問でも、丁寧に選んでくれました。
お近くに訪れた際は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

「佐藤商店」はこちら↓

2024/03/24 17:55 2024/03/24 17:55
tsuki

号外NETの広告出稿はこちら

号外NETメルマガ

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外net 全国で地域ライター募集